top of page
Support%20Groups_edited.jpg
木製ドラム

OKUKOへようこそ

Home: Welcome

メンタルヘルスのための音楽療法

OKUKO(オクコ)は、音楽療法を通じて、大人のメンタルヘルス(心の健康)をサポートすることに尽力いたします。自身のフィジカルヘルス(体の健康)をケアするための選択肢がたくさんあるように、自身のメンタルヘルスをケアしたいと願う大人のために、音楽療法が選択肢の一つとなりますように。

英国認定音楽療法士によるセッション。

​オンライン音楽療法。

誰かがピアノ演奏

OKUKOの3つの意味

大丈夫(OK)でも大丈夫じゃなくても(KO)いい場所

大丈夫(OK)と大丈夫じゃない(KO)が鏡文字になっています。大丈夫であることも大丈夫じゃないことも同じくらい大切であるということを視覚化しました。人生の様々な状況、社会的役割、責任、人間関係、メンタルヘルスに対するスティグマ(差別・偏見・負のイメージ)等が要因で、ありのままのあなたになれる場面が日々の中で一体どれだけあるでしょうか?本当の自分でいていい、安心できる、温かい、無批判的な場の提供を、OKUKOは目指します。

中心で、両側から支えられているのは、あなた(U)

OKUKOでの音楽療法は、始まりから終わりまで、あなたを中心に捉えます。また、あなたは(比喩的な意味で)両側から支えられます。これは、クライアント中心療法という、心理療法の様々なアプローチの1つに基づくものです。

あなただけのOKUKOに出会う

 

OKUKOは日本語で「奥子」と書くことができ、英語では「インナーチャイルド」と訳すことができます。「インナーチャイルド」は心理学、特に心理療法の分野で使われる用語で、私たちはみな内面に子供のような側面を持っていると考えるものです。音楽がもつ創造性や遊び心によって、あなただけのOKUKOに出会えますように。

ギタークローズアップ

音楽療法とは?

音楽療法は、あなたのニーズ(精神的、身体的、霊的、社会的、コミュニーケーション的等)に応えるため、音楽と静寂を媒体として使います。そのために、音楽療法士と療法的関係、あるいは療法的同盟を築き上げることは、音楽療法の最も重要な要素になります。

音楽療法の中にも、多種多様なアプローチがあります。いくつか例をあげると、ノードフ・ロビンズ的、神経学的、音とイメージ誘導法、といったものがあります。OKUKOにおける音楽療法は、「音楽心理療法」と表現することができます。他の行動療法的なアプローチと異なり心理療法的、つまりメンタルヘルスに焦点を当てたものとなっております。 力動精神学的アプローチが主に使われますが、何よりもあなたのニーズが大切です。そのことは、クライアント中心療法的アプローチを使う、ということに反映されています。

従来の心理療法では「話す」ということが主な表現ツールとして使われますが、音楽心理療法は「音楽」というもう一つのツールを使うことができます。言葉にすることができない感情や気分も、音楽を通じてなら表現することができるかもしれません。創造的、直感的、非言語的な方法で、あなたが抱えていることを表現してみませんか?

音楽経験や音楽能力は必要ありません。音楽療法においては、音楽能力の向上を目指すというよりは、あなた自身の音楽との関係性を探ることに重きがあるからです。

流れ

お問い合わせ

 

お問い合わせフォームかメールより、お問い合わせ下さい。


アセスメント・セッションのご予約

アセスメント・セッションの日時のご提案をいたします。
 

アセスメント・セッション

アセスメント・セッションでは、あなたのニーズにどう音楽療法が応えられるか、ということを評価・査定いたします。音楽療法を受けたい理由を伺えると、大変参考になります。一緒に音楽演奏をする時間も設けております。1回ではなく、数回に及ぶこともあることをご了承ください。

同意書

アセスメント実施後、音楽療法の開始にご同意いただければ、同意書への署名をお願いし開始日のご提案をいたします。

音楽療法の開始

料金

[オンライン個人音楽療法]  50分のセッション毎 11,000円

[アセスメント]  50分のセッション毎 11,000円

お問い合わせフォーム

OKUKO | メンタルヘルスのための音楽療法

〒104-0031
東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル2F
kohesil@okuko-musictherapy.com

 

bottom of page